十五夜の意味、由来を調べると以外場事実が!!
十五夜って満月じゃないの!!!十五夜の意味、由来とは!!??

十五夜とは?

wakaba0001
十五夜とは旧暦の8月15日(現在の新暦9月15日)前後に
訪れる満月の日の事をそのように呼びます。

簡単に説明すると『十五夜』とは、
『満月』のことを言います。

新月から満月になるまで、
およそ、十五日かかるため『十五夜』と呼ばれてます。

また、『十五夜』には他の呼び方があって、
秋の真ん中に出る満月という意味から、
『中秋の名月』

秋に収穫される里芋をお供えし、
収穫の感謝することから
『芋の名月』とも呼ばれてます。

スポンサーリンク

『十五夜』2015年はいつ?

wakaba0002
2015年の十五夜(中秋の名月)は、9月27日(日)です。

『十五夜』の行事は毎年9月15日にのところが多く
十五夜は15日と思っている人が多いようですが、
毎年、日にちが違います。

十五夜は、旧暦8月15日の満月、
新暦では、9月7日~10月8日頃です。
で、2015年は9月15日が十五夜になります。

来年の十五夜は2016年は9月15日
2017年の十五夜は10月4日になります。

「今年は満月じゃないな~」って良く聞きますが、
実は十五夜の日は満月じゃありません。

だいたい1日ずれます。
2015年の十五夜は、
9月27日ですが満月は、9月28日です。

ちなみに、
2016年の十五夜は、9月15日ですが、
満月は、9月17日

2017年の十五夜は、10月4日ですが、
満月は、10月6日になります。

十五夜といえば〝お月見〟〝お団子〟
しか思い浮かばない人が多いようですが、
お月見の始まりは中国からと言われています。

中国では、『望月』という、お月見の時期が
里芋の収穫時期で収穫祭だったそうです。
〝お団子〟ではなく〝里芋〟食べるそうです。
日本人でよかったですよね。

十五夜は中国の『望月』が日本に伝わったのが、
平安時代頃ですが、その頃は月を見上げるではなく
池などの水面に映る月を見ながら歌を詠む
というような楽しみ方が一般てきでした。

現在は、『十五夜』の夜、
屋形船で宴会してる人も多いですよね。

スポンサーリンク

『十五夜』のまとめ

wakaba0003
お月様にウサギがいるのは、
日本、中国、韓国だけだそうです。

不思議ですよね、子供のころは、
私もウサギが見えました。

現在はスーパーなどで
〝お月見セット〟など売っているので、
『十五夜』の夜、家でのんびり、
だんごを食べながら、お月見するのも
良いかもしれません。

昔からの風習は大切にしたいですね。
ちなみに、『十五夜』で検索すると
飲食店が沢山出てきます。

スポンサーリンク

 【8月8日発売決定 TWICE 1st 写真集 予約開始!】TWICE 1ST PHOTOBOOK [ONE IN A MILLION] 

TWICE日本初ライブ(ショーケース)セットリスト公開!感想

  記事を読んでくださってありがとうございます。「今日、読んだよ!」って人は、下の画像を応援クリックしてくれると、次に書く記事の励みになります。 
K-POPランキングへ