七五三の着物買おうか、それともレンタル?親の服装は?
お参りは、祈願料など、どこで、どうすればいいかなどを解説!!

七五三の由来は?

wakaba0007
昔は乳児の死亡率が高く、
七歳まで生きた子は神の子とまで
いわれてました。

その成長の節目である、
三歳、五歳、七歳を迎えたときに、

近くの氏神様に参拝し、
無事に育ったことの感謝と

これからの成長と長寿を祈ったのが
七五三のはじまりです。

11月15日前後の吉日にする人が多い

11月15日に七五三を祝うようになったのは、
「鬼宿日(きじゅくにち)」で鬼がいない日と、
されていたためです。

現在は15日にとらわれず、
15日前後の吉日に祝うのが一般的になっています。

10月から11月は、
かわいいい子供の着物姿を、
よく見かけますよね。

スポンサーリンク

七五三の着物は、レンタルが一般的です。

着物レンタルは、
ネット検索すれば沢山出てきます。

出来れば、知り合いの紹介や、
行きつけの美容院で借りたほうが安心です。

三歳の男女の祝いは、
まだ、体も小さいので、軽い仕立ての
着物を選んだ方がいいです。
疲れちゃいますもんね。

五歳、男の子の祝いは、
羽二重(はぶたえ)または、
色紋付の長着とそろいの羽織をせて、
白い扇子と守り刀を身につけます。

七歳、女の子の祝いは、
友禅模様の絵羽つけや、
総柄の友禅模様を用意して、
体に合わせて肩上げ、おはしょり、
腰あげをします。

お店で用意してもらえば間違いありません。
値段は、ピンきりですが、
およそ、3万から5万円くらいでしょう。

親の服装は、
できれば、振袖やはかまが良いですが、
最近は、スーツやワンピースの人が多いです。

スポンサーリンク

七五三のお参り

せっかく家族でおめかしをしたので、
有名な神社へ行きたいところですが、

お子さんは、なれない服装で
疲れてしまうため、
近所の神社で済ませたほうがいいです。

できれば、親戚も自宅へ呼んで、
祝ったほうが良いと思います。

友人宅や、自宅に招いた人には
千歳飴ろ配ったり、お祝いの膳だすなど、

内輪のお祝いなので
大げさにしないのがポイントです。
レンタルですしね。

神社のお参りは、いつもと一緒です。
お賽銭(おさいせん)をあげて、
二礼、二拍手、一礼です。

神社で祈祷してもらうには予約が必要!

最近は、
神社で祈祷してもらう家族もへりましたが、

やっぱり、お子さんの祝い事なので、
予約しないで祈祷してもらうには、
凄く待たされます。

神社で祈祷してもらうには事前に、
予約をしたほうが良いでしょう。

予約はだいたい、3ヶ月まえに電話で
「七五三の祈祷をお願いします」
と言えば予約できます。

肝心の祈願料ですが、神社によって
いろいろ違います。

祈願料によってランクづけがあったり、
例えば、千歳飴や祝いの品がもらえたり、

祈願金によって、5千円なら親だけ、
1万円なら祖母もOKなど、
いろいろあるようです。

予約の時に、祈願料のことも
忘れずに確認してくださいね。

ちなみに、我が家はというと、
ランクづけがなっとくいかず、
お賽銭ですませました。

スポンサーリンク

 【8月8日発売決定 TWICE 1st 写真集 予約開始!】TWICE 1ST PHOTOBOOK [ONE IN A MILLION] 

TWICE日本初ライブ(ショーケース)セットリスト公開!感想

  記事を読んでくださってありがとうございます。「今日、読んだよ!」って人は、下の画像を応援クリックしてくれると、次に書く記事の励みになります。 
K-POPランキングへ